ベトナムでmPOS拡販(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月21日9:00

ドイツに本拠を構えるワイヤーカードはベトナムでmPOSを拡販することになった。提携したのは輸出入銀行のVietnam Export Import Commercial Joint Stock Bank。

スマートフォンやタブレットにドングルを挿入して使うmPOSを拡販する。mPOSは磁気ストライプカードのほか、ICカードにも対応している。

mPOSは保険外交員や宅配業者、水道や電気会社、タクシー、ファストフードなどが対象だ。VisaやMasterCard、JCBブランドのカードを受付けられる。

輸出入銀行はホーチミンに本拠を置き、ベトナム全土にネットワークを保有。これを活用してmPOSを拡販する。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop