空飛ぶApple Pay(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月23日9:00

機内ショッピングにスマートなApple Payが使える。このサービスをいち早く取りいれたのはジェットブルー(JetBlue)。先進的なイメージをアピールするのにApple Payは格好の材料だ。

ジェットブルーはJFKとサンフランシスコ、ロサンゼルス間のフライトでNFC非接触決済を受付けるサービスをはじめた。すべてのフライトは3月から。

そのため、従来のカードリーダをすべてNFC非接触搭載のケースつきiPadミニと交換。3,500人強の乗務員全員に配布する。もちろんこの端末で磁気カードも受付けられる。

iPadミニは決済端末としての機能だけでなく、搭乗マニュアルや高頻度利用者情報、搭乗客の誕生日情報なども照会できる機能もつけた。すでに連邦航空局の許可もとっている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop