米国政府がApple Pay受付(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月24日9:00

米国政府がApple Payの加盟店になり、2015年9月から連邦政府の各種サービスがApple Payで支払えるようになる。

そうなれば連邦政府が運営する公園や博物館などでの支払いは、キャッシュレスのApple Payでスムーズに入場できる。

アップルは政府の購買調達カードについても検討中。政府の職員はApple Payを使って購買調達ができるようになる。

さらにアップルは、連邦政府とともに州政府の生活保護費などの給付にもApple Payが使えるよう金融機関に働きかけているという。

Apple Payは現在米国の2,000の銀行と契約。ほとんどのカードがApple Payで使えるから連邦政府や州政府のサービスも可能になった。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop