Apple Pay受付加盟店38%(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月25日9:00

磁気カードからICカードへの切替が進むなか、さらに進んだNFC非接触決済のApple Payを受付けたいというマーチャントが増えている。

ボストンリテールパートナーズ(BRP)の報告によると、米国大手小売店の8%はすでにApple Payを受付けているが、2015年末までに38%が採用する計画をもっている。

2017年までには56%が導入する計画だ。調査は2014年の11月と12月に実施したものだが、2015年にはいり、もっと拍車がかかっているようにみえる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop