リアルタイムなアプローチを実現する「CAFIS Presh®」は店舗の販促を支援

2015年3月3日7:45

株式会社NTTデータ
リアルタイムなアプローチを実現する「CAFIS Presh®」は店舗の販促を支援
「CAFIS®」のクレジットカード決済情報や位置情報を活用

近年、米国や日本において、クレジットカードの利用履歴や会員の属性情報を活用して送客を行うCLO(Card Linked Offer)への関心が高まっているが、それを店舗向けの販促サービスとしていち早く提供開始したのがNTTデータの「CAFIS Presh(プレッシュ)」で、すでに複数の企業で採用が決定するなど、滑り出しは順調だ。

CLOを店舗の販促の1つの機能とし提供
オーソリを捉え、店舗からリアルタイムな情報を配信

▲販促プラットフォーム「CAFIS Presh®」の仕組み

▲販促プラットフォーム「CAFIS Presh®」の仕組み

「CAFIS Presh」は、NTTデータが提供する国内屈指の決済ネットワーク「CAFIS(キャフィス)(注1)」のクレジットカードの決済情報や、スマートフォンから取得できるGPS、Wi-Fi、Beacon(ビーコン)(注2)等の位置情報を活用し、消費者がインストールしたスマートフォンアプリに対して最適なクーポンやキャンペーンなどの情報をプッシュ配信できる販促プラットフォームサービスとなる。店舗は、自社のスマートフォンアプリに対し、NTTデータが提供するSDK(Software Development Kit)(注3)を組み込むことで、決済情報や位置情報をはじめとし、時間や顧客情報など、さまざまなデータを起点とした消費者への情報配信が可能となり、より継続的かつ最適な販促活動が行える。

最大の特長となるのは、カード決済ネットワーク「CAFIS」によるリアルタイム性だ。NTTデータ 第一金融事業本部 カード&ペイメント事業部 戦略・企画統括部 ビジネス企画担当 課長代理 長谷川恵美氏は、「店舗のオーソリを捉えることができるため、クレジットカードが利用された直後に、次の一手を打つことが可能です」と自信を見せる。例えば、商業施設などでは、消費者が特定の店舗で購入したタイミングで近接店舗のクーポンを配信することにより、施設内での買い回りを促進することができるなど、より効果的に集客が可能となる。

位置情報を利用してクーポンやお得情報をプッシュ配信
PARCOや福岡地所・マリノアシティで採用

cafispresh2

NTTデータ 第一金融事業本部 カード&ペイメント事業部 戦略・企画統括部 ビジネス企画担当 課長代理 長谷川恵美氏

また、GPSや店舗に設置したWi-Fi・Beaconの情報を基に、スマートフォンアプリにクーポンやお得情報をプッシュ配信できる。長谷川氏は、「『CAFIS Presh』はCLOありきではなく、位置情報なども絡めて、幅広いお客様に展開することで、店舗の販促支援をトータルに行うサービスとなっています」と口にする。同事業部 主任 福島真季氏も「例えば、ポイントカードの会員を有している場合、その会員を活性化させることはもちろん、ポテンシャルはあるけれど会員になりきれていないお客様を取り込むことが可能です」と説明する。

店舗に合ったサービスを段階的に提供できるのも強みとなる。例えば、福岡地所運営のマリノアシティでは、スマートフォンアプリを活用した位置情報の提供からスタートしているが、クレジットカードを登録してもらい、決済連動型のCLOも検討している。

さらに、クーポンを出した後の分析機能も装備。どの店舗でクーポンが利用されたか、反応率がどの程度あるのか、といった結果を店舗が自ら確認できる。企業にとっては、PDCAのサイクルを繰り返すことにより、売上アップに結び付けることが可能だ。

また、「店舗に加え、クレジットカード会社(イシュア)に提供するCLOも検討しています」と長谷川氏は構想を口にする。

NTTデータ 第一金融事業本部 カード&ペイメント 事業部 戦略・企画統括部 ビジネス企画担当 主任 福島真季氏

NTTデータ 第一金融事業本部 カード&ペイメント
事業部 戦略・企画統括部 ビジネス企画担当 主任 福島真季氏

すでにパルコが提供する公式スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」の一部の機能として、「CAFIS Presh」ならびにCLO機能が利用されている。「PARCO様は福岡店のオープンに合わせてサービスを開始しましたが、滑り出しも順調で、他の店舗への展開も検討していただいています」(長谷川氏)。

今後はデビットカードや電子マネーなどの決済情報、企業の保有するPOS情報や天気・SNS情報等を活用した情報配信にも対応を予定している。前述のマリノアシティではBeaconを施設内に設置し、顧客属性に合った情報を配信するとともに、今後は天気情報やSNSとの連動なども検討しているそうだ。

決済サービスにおけるビッグデータの活用はもちろん、販促に有効な複数のサービスを組み合わせた同社の取り組みは、国内におけるCLOのモデルケースとなりそうだ。

(注1)「CAFIS」とは、NTTデータが運営する、クレジットカード会社、金融機関、企業、加盟店の間で、クレジット情報(与信照会、売り上げ、等)および、資金移動のオンライン・トランザクションを中継するサービス。1984年2月よりサービス開始し、月間トランザクションは4億6千万件を超える。
(注2)Beaconとは、超低消費電力無線通信技術。
(注3)Software Development kitとは、あるシステムに対応したソフトウエアを開発するために必要なプログラム・文書などをパッケージ化したもの。
(注4)INFOXとは、クレジットカード、デビットカード、ICカードなど多様化する決済手段に対応する多機能決済端末。

*「CAFIS」、「CAFIS Presh」、「INFOX」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先
cafispresh4株式会社NTTデータ
第一金融事業本部 カード&ペイメント事業部
〒108-0073 東京都港区三田3-10-1
アーバンネット三田ビル4F
URL:http://solution.cafis.jp/
TEL : 050-5546-9468

page toppagetop