「DNPモバイルWalletサービス」にクレジット決済によるプリカチャージ機能を追加(DNP)

2015年2月27日21:20

大日本印刷(DNP)は、決済やポイントなどのサービスをスマートフォンで一元管理するクラウド型の「DNPモバイルWallet(ウォレット)サービス」に、企業独自の前払い(ハウスプリペイド)サービスとクレジットサービスを連携させて、ハウスプリペイドにクレジット決済で入金(チャージ)する機能を追加すると発表した。これは、Walletサービスの特長の1つである“サービス間連携”を実現する機能で、DNPは同機能を追加した「DNPモバイルWalletサービス」の提供を3月下旬に開始する。

左からトップ画面サンプルとクーポン画面サンプル(出典:DNPのプレスリリース)

左からトップ画面サンプルとクーポン画面サンプル(出典:DNPのプレスリリース)

DNPは、複数のサービスをスマートフォンで一元管理するWalletサービスとして、2012年に「DNPモバイルWalletサービス」の提供を開始し、複数サービスの一元管理に加え、サービス間の連携や、各種サービス利用履歴のマーケティングへの活用などを推進してきた。

今回のハウスプリペイドとクレジットのサービス間連携によって、企業は、クレジット決済によるハウスプリペイドへのチャージというキャッシュレスの利便性を、生活者に容易に提供できるようになるという。また、自社のポイントをハウスプリペイドに変換したり、他社のポイントと交換したりするなど、追加のサービス間連携の機能もカスタマイズで提供する。これにより、企業は、顧客のロイヤルティ向上につなげていくことができるという。

なお、「DNPモバイルWalletサービスは、BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンや、NFC(Near Field Communication)、FeliCa、二次元バーコード、バーコードなどのさまざまなインターフェースに対応可能となっている。企業は、DNPの提供する各種O2O(Online to Offline)サービスなどを活用することによって、容易にDNPモバイルWalletサービスに対応したさまざまなサービスを立ち上げることができる。

DNPは、今後もDNPモバイルWalletサービスの機能拡張を進めていく計画だ。また、店内などに設置されたBLEビーコンの電波や音波をスマートフォンで取得したりして、関連するコンテンツをスマートフォンに配信するサービスや、カード会員の属性情報や決済履歴をもとに優待情報を送付し、その会員が店舗でカード決済した際にキャッシュバックなどの優待が受けられる「CLO(Card Linked Offer)サービス」との連携も予定している。

DNPは、DNPモバイルWalletサービスおよび関連製品を含み、2017年度までの約3年間累計で30億円の売上を目指す。

企業名 所在地 HP MAIL
大日本印刷株式会社 〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
[TEL] 03 -3266 – 2111(ダイヤルイン案内台)
HP
メール
サービス概要
国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

page toppagetop