車の故障にUber型サービス(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年3月1日9:00

ドライブ中にエンジントラブル。突然の大雪で身動きがとれない。米国ではいままで、そんな緊急時の備えてとして会費が必要なロードサービス会員になっておく必要があった。

そこに目をつけたのがアージェントリー(Urgent.ly)というベンチャー。年会費無料、会員料無料のサービスをはじめた。2013年創業で、車の修理サイトRepair.comの管理職が集まって作った会社だ。調達総額は180万ドル。

利用者はアージェントリーのアプリをダウンロード。万一トラブルに巻きこまれた時は、GPSをオンにして近くの修理車をアプリで呼びだす。

アージェントリーはどれくらいの時間でいくらかかるかを表示。15マイル離れている場合は約99ドル、すぐ近くにいる場合は約50ドルだ。支払いはアプリに登録したクレジットカードで完了する。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop