CLOクーポンを利用したクラウドサービス『Goodeal!』の販売を開始(TIS)

2015年3月2日22:59

TISは、クーポンによる集客の高度化を実現するCLO(Card Linked Offer)機能を持つスマホアプリが作成できるクラウドサービス『Goodeal!』(グッディール)の販売を開始すると発表した。

『Goodeal!』で作成したアプリによる集客の流れ(出典:TISのプレスリリース)

『Goodeal!』で作成したアプリによる集客の流れ(出典:TISのプレスリリース)

『Goodeal!』は、実店舗をもつ小売・サービス事業者などが、オンラインからの施策で店舗の認知や来店を促すO2O(Online to Offline)を行うためのクラウドサービスとなる。同サービスを活用すれば、クレジットカード情報と紐付くCLOクーポンの発行機能や、アプリユーザー間でのクーポンデータや店舗情報を授受できるクチコミ拡散機能などを持つスマートデバイス向けの集客用アプリを、低コストかつ短期間で作成できるという。集客を強化したい店舗側では、このアプリを通じて「配信先のセグメントや効果測定ができるデジタルクーポンの発行」「ユーザー同士でクチコミを拡散させる」といった集客施策が実現可能だ。

価格は、初期費用が個別見積、ランニング費用が月額3万円(1店舗)で、CLO送客による手数料は別途必要となる。サービス開始までの期間は最短1カ月で、アプリ対応機種はiOS 7.0以上、Android 4.0以上となる。

TISでは『Goodeal!』を、集客効果を高めたい百貨店・スーパー・ドラッグストアなどの小売業、ホテルやアミューズメント施設などのサービス業などに向けて提供していき、3年後の2017年度末までに2万店舗へのアプリ導入と約10億円規模の売上を目指す。

page toppagetop