プリペイドカード導入支援の海外事業開始(DNP/バリューデザイン/ユニアデックス)

2015年3月3日20:42

大日本印刷(DNP)、バリューデザイン、日本ユニシスグループのユニアデックスは共同で、企業が自社ブランドとして発行するハウスプリペイド(電子マネー)カードのクラウド型運用サービスについて、海外向けサービスを2015年3月3日に開始すると発表した。3社は、アジアを中心とした海外市場で「クラウド型ハウスプリペイドカード運用サービス」を拡大させていくという。

「DNPハウスプリペイド決済サービス VALUE TACTiX」の概要図(出典:DNPのプレスリリース)

「DNPハウスプリペイド決済サービス VALUE TACTiX」の概要図(出典:DNPのプレスリリース)

DNPとバリューデザインは2009年3月に業務・資本提携し、小売業や飲食業などのさまざまな企業向けにハウスプリペイドカード関連のASPサービスを提供してきた。バリューデザインは、「クラウド型ハウスプリペイド運用サービス」を406社28,103店舗に導入している。

今回3社は、「DNPハウスプリペイド決済サービス VALUE TACTiX(バリュータクティクス)」の実績をベースとして、海外向けサービスを共同で提供開始する。同サービスの販売やハウスプリペイドカード導入時のコンサルティング、カード製造、プロモーション施策などのワンストップサービスをDNPとバリューデザインが企業に提供し、ユニアデックスは、アジア各国の関係会社と連携し、システムの導入、保守サポートを担う。また、同サービスは、日本語・英語・中国語・韓国語に対応し、通貨としてバーツ(タイ)、シンガポールドル、人民元(中国)、ウォン(韓国)に対応する。

価格は、VALUE TACTiXが初期費用:100万円~、月額運用費:15万円、カードへの入金・利用時の金額に対して1%課金となる。また、カード費用は、磁気カード1万枚作成の場合、1枚当り50円前後となる。

サービス開始当初は、シンガポール・タイ・中国を中心としてサービスの提供を開始し、順次エリアを拡大していく。3社は、同サービスの提供とカードの製造・販売、その他関連サービスの提供によって、2015年度で売上3億円を目指す。

企業名 所在地 HP MAIL
大日本印刷株式会社 〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
[TEL] 03 -3266 – 2111(ダイヤルイン案内台)
HP
メール
サービス概要
国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

page toppagetop