「O:der Connect」提供開始、カシオ計算機の電子レジスターと連携(Showcase Gig)

2015年3月3日20:54

Showcase Gigは、スマートフォンアプリと実店舗のハードウェアを連携させるリテール向けIoTプラットフォーム「O:der Connect」の提供を開始したと発表した。

O:der Connect、CASIO V-REGI 連携イメージ(出典:Showcase Gigのプレスリリース)

O:der Connect、CASIO V-REGI 連携イメージ(出典:Showcase Gigのプレスリリース)

「O:der Connect」はモバイルウォレットサービス「O:der」の拡張機能となっており、実店舗におけるモバイルアプリ決済・顧客管理・注文管理など、顧客と店舗のエンゲージメントをより深め、高次元でのアプリのハードウェアの融合を実現するという。

「O:der Connect」に連携する店舗向けハードウェアの第一弾は、カシオ計算機製の電子レジスター(V-REGI)となる。今回、「O:der Connect」によりアプリと電子レジスターが連携することにより、iBeaconを活用した顧客の来店通知や、アプリからの注文・決済情報が、電子レジスターの画面に表示され、これまで複数の端末が必要だった作業が一台の端末で完結し、コスト面作業面ともに、店舗側の負荷を軽減するという。

また、顧客にとっては、注文データがオンライン上でリアルタイムに分析されることで、よりパーソナライズされたクーポン等の情報を受け取ることが可能になる。

Showcase Gigでは今後、実店舗におけるハードウェアデバイスや、ウェアラブルデバイス、コネクテッドカーといった領域にも展開予定であるという。すでに各領域におけるパートナーと複数のプロジェクトが進行しており、順次発表する予定となっている。

page toppagetop