大阪大学の卒業生・教職員を対象とした「大阪大学カード」登場(三井住友カード)

2015年3月12日22:55

国立大学法人大阪大学と、三井住友カードは提携し、大阪大学の卒業生・現教職員・元教職員を対象としたクレジットカード「大阪大学カード」を発行し、2015年3月16日より会員募集を開始する。

「大阪大学カード」のクラシックカード(左)とゴールドカード(右)

「大阪大学カード」のクラシックカード(左)とゴールドカード(右)

大阪大学は、卒業生との関係強化を重点的な課題と位置づけ、2014年4月に「卒業生室」を総長直轄の組織として立ち上げ、卒業生向けの情報発信、サービス・イベント等の企画を積極的に推進している。今回、卒業生向けサービス拡充の取り組みの一環として、「大阪大学カード」を発行することとなった。

カードデザインには、学章などのシンボルマークをかたどったモノグラム柄を採用。券種は、クラシック、ゴールドの2種類を用意し、幅広い会員層のニーズに対応する。

同カード限定特典として、現段階で、①ミュージック・グルメ船「コンチェルト」(神戸ハーバーランド発着)の通常乗船料(大人2,200円、小学生1,100円)を30%割引、船上ウェディング挙式セット 150,000円(消費税別)を50%割引、②国立国際美術館(大阪・中之島)観覧料の団体割引料金適用、③三井ガーデンホテル大阪プレミア(中之島)の宿泊料を通常料金から20%割引といった優待サービスが決定しており、今後も随時追加し、さらなる会員サービスの充実を目指すという。

また、同カードの利用金額に応じた収益の一部が、三井住友カードから大阪大学に還元される仕組みとなっており、大阪大学の教育・研究・学生支援などに活用されるそうだ。

page toppagetop