ACBと提携し、ベトナムで初のデビットカード発行開始(JCB)

2015年3月23日17:10

ジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、ベトナムの商業銀行であるアジアコマーシャルバンク(ACB)とカード発行で提携し、本日2015年3月23日から、ベトナム国内でクレジットカードおよびデビットカードの発行を開始すると発表した。ベトナムでのJCBデビットカードの発行は今回が初となる。

ACBは、ベトナム国内に350店以上の支店を有する大手商業銀行。ベトナムでクレジットカードおよびデビットカード業務を含む包括的な金融サービスを展開しており、クレジットカード発行枚数は国内第3位となっているという。JCBは、2008年よりACBと加盟店業務について提携している。

新たに発行する「ACB-JCB クレジットカード」および「ACB-JCBデビットカード」は、ベトナムの中間所得層から富裕層までの幅広い層を対象としたカード。スタンダード券種およびゴールド券種のクレジットカードに加えて、支払と同時に口座から代金が引き落としされるデビットカード(スタンダード券種のみ)を発行する。JCB PLAZA等、海外会員向けのJCB独自のサービスに加えて、同カード独自のサービスとしてATM利用時の強盗被害を保障する保険が付帯されている。

今回の提携により、ベトナムでJCBカードを発行する金融機関は計6行となる。

page toppagetop