決済代行会社初、損害保険代理店として「チャージバック補償団体保険」を提供(GMO-PG)

2015年3月26日15:58

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、「チャージバック補償団体保険(正式名称:クレジットカード盗難保険)」の提供を2015年3月16日より開始した。

「チャージバック補償団体保険」とは、クレジットカード加盟店がチャージバックの発生により被った損害を補填する保険で、GMO-PGが提供するクレジットカード決済サービス(代表加盟サービス)を利用するEC事業者向けに提供する。GMO-PGは、決済代行会社で初めて、損害保険代理店として同商品の販売を開始している。

近年、日本国内のEC市場規模は、2013年時点で前年比17.4%増となる11.2兆円と急激な成長を続けている(経済産業省「平成25年度電子商取引に関する市場調査」より)。こうしたEC市場の拡大に伴い、ネットショップでのクレジットカード不正利用(盗難、紛失、偽変造等)も増加しており、EC事業者ではチャージバックへの対策が進んでいるものの依然として発生している。

チャージバックが発生すると、商品やサービスの提供後であっても利用代金の回収ができず、また代金をすでに回収済みの場合だと不正利用されたクレジットカード会員への返金が必要となるため、EC事業者にとって大きな損害となる。

こうした背景からGMO-PGは、EC事業者に安心してネットショップ運営を行ってもらうためにも、チャージバックによる損害に対して保険金を支払う「チャージバック補償団体保険」の普及が必要と考え、GMO-PGにおいても取り扱うべく「損害保険代理店登録」を行った。そしてこのほど、「チャージバック補償団体保険(引受保険会社:三井住友海上火災保険)」の提供を開始した。これにより、EC事業者はチャージバックが発生した際の損害を「チャージバック補償団体保険」で補填することができるという。

企業名 所在地 HP MAIL
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F
[TEL] 03-3464-2323 [FAX] 03-3464-2477
HP
メール
サービス概要
GMO-PGは、ネットショップや SNS・スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など5万4,000店舗(GMOペイメントゲートウェイグループ2015年3月現在)の加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。

page toppagetop