icscaで地下鉄に乗ると駐車料金が優待されるサービスを開始(タイムズ24)

2015年3月26日16:27

タイムズ24は、2015年4月1日から、仙台市交通局が発行するICカード乗車券「icsca(イクスカ)」を活用して、駐車料金を優待する「交通ICパーク&ライドサービス」を仙台市泉中央駅前駐車場で開始すると発表した。

①仙台市泉中央駅(地上階)に駐車、②icscaを使って仙台市地下鉄でお出かけ、③icscaを精算機にタッチ、④駐車料金100円分優待(出典:タイムズ24のプレスリリース)

①仙台市泉中央駅(地上階)に駐車、②icscaを使って仙台市地下鉄でお出かけ、③icscaを精算機にタッチ、④駐車料金100円分優待(出典:タイムズ24のプレスリリース)

仙台市で開始する「交通ICパーク&ライドサービス」は、タイムズ駐車場の利用者が「icsca」を使って鉄道に乗車した場合、駐車料金が100円優待されるサービス。事前登録や利用証明発行などの手続きが不要なため、誰でも優待を受けることが可能だ。

また、今回同サービスを導入する仙台市泉中央駅前駐車場は、地下鉄南北線の始発駅である泉中央駅に隣接しており、自動車から地下鉄への乗り換えに時間を要さないという。

タイムズ24は、2008年に「交通ICパーク&ライドサービス」を開始。2015年2月末時点で24の鉄道事業社と連携、全国135駅で同サービスを展開している。2014年8月には、総利用件数が200万件を突破した。

また、同サービスにより自動車から鉄道への乗り換えを促すことで、通勤時間帯などにおける中心部への自動車流入量の削減、ひいては交通渋滞の緩和及び温室効果ガス排出量削減が見込まれるという。

page toppagetop