実店舗での利用開始で「JNB Visaデビットカード」の決済額は急激に高まる

2015年4月8日8:12

■ジャパンネット銀行
実店舗での利用開始で「JNB Visaデビットカード」の決済額は急激に高まる
セキュリティ強化に向け3-Dセキュアのワンタイムパスワードを導入

ジャパンネット銀行(JNB)は、2013年12月2日から、実店舗とオンライン双方で利用できる「JNB Visaデビットカード(Visaデビット付キャッシュカード)」を新規口座開設者に無料で発行している。既存顧客にも無料で新キャッシュカードへの切り替えを行っている。同社では、以前からネット決済専用の「JNB カードレスVisaデビット」を発行していたが、利用者から要望の多い実店舗でも使えるVisaデビットカードを発行したことにより、ユーザーの利便性が大幅に向上した。また、2014年10月下旬から、JNB VisaデビットにVisa認証サービス(Verified by VISA・3-Dセキュア)を導入。国内で初めて、Visa認証サービスに「ワンタイムパスワード」を導入し、セキュリティの向上を図っている。

決済金額は対前年比で350%に伸びる
一度利用した人の約8割がリピーターに

JNBのVisaデビットはジャパンネット銀行の口座利用者であれば、年齢、職業に関係なく持つことができる。従来から、ネット決済専用の「JNB カードレスVisaデビット」を発行していたが、ネットショップだけでなく、国内・海外約3,600万のVisa加盟店で利用できるようになった。また、「VISA/PLUS」マークがある海外ATMから、預金を現地通貨で引き出すことも可能だ。

「JNB Visaデビットカード(キャッシュカード一体型Visa デビット)」

「JNB Visaデビットカード(キャッシュカード一体型Visa デビット)」

ジャパンネット銀行 個人事業部 決済商品グループ 部長代理 小谷卓氏は、「弊社デビットカードの特徴として、年会費が無料、キャッシュカード一体型のため新規口座開設のお客様全員がVisaデビットカードをお使いいただけます。旧キャッシュカードから切り替えた方も多く、決済金額は対前年比で約350%に伸びています」と笑顔を見せる。同社では従来からVisaデビットのシステムを構築できており、カードの発行コストは新たに必要となったものの、費用対効果を確立できているそうだ。

利用者数は約50万となり、「マス的な展開もできるようになりました」と小谷氏は成果を口にする。利用者の特長として、一度利用した人の7割以上がリピーターとなっている。また、全体の利用率については、一般的なクレジットカードよりも高いという。さらに、平均単価は5,000~6,000円と、想定よりも高い数字を示している。

ジャパンネット銀行 個人事業部 決済商品グループ 部長代理 小谷 卓氏

ジャパンネット銀行 個人事業部 決済商品グループ 部長代理 小谷 卓氏

現状は、2対1でネットの方が実店舗よりも利用率が高い。ネット取引については、3大モールに加え、スマートフォンからの小額支払いも増えてきた。また、実店舗では、コンビニエンスストアでの利用も多く見受けられるそうだ。

3-Dセキュアの導入で不正利用の削減に成功
ファミリーマートと提携し新カード発行予定

セキュリティ対策も強化している。2014年10月からは、JNB VisaデビットにVisa認証サービス(Verified by VISA・3-Dセキュア)を導入し、国内で初めて、Visa認証サービスに「ワンタイムパスワード」を導入した。通常、Visa認証サービスには、利用者自身でパスワードの事前登録が必要だが、ジャパンネット銀行では、日頃ネットバンキングで使用されているトークン式ワンタイムパスワードが利用できる。

ワンタイムパスワードトークン

ワンタイムパスワードトークン

これまで、3-Dセキュアを必須としているネットショップやオンラインサービスでは、JNB Visaデビットを利用できなかったが、Visa認証サービスの導入により、これまで以上に幅広いシーンでJNB Visaデビットを利用できるようになった。

「当初は、手元にトークンがないといった理由で、7割の方が決済時に離脱していましたが、現在では離脱は2割以下になっています」(小谷氏)

ワンタイムパスワードはトークンに表示されるため、忘れる心配がない。また60秒で無効になり、より安心して利用できる。小谷氏は、「3-Dセキュア対応のショップでは、3-Dセキュアを導入したことにより、不正利用はピタッと止まりました」と笑顔を見せる。

さらに、ビジネス口座(法人・営業性個人用口座)もJNB Visaデビットカードに対応。会員数はコンシューマー向けに比べて少ないが、ビジネス利用となるため、決済単価や稼働率が高いのが特徴となっている。審査や与信などがなく、設立1年目から持てるカードであるため、SME(個人事業主)を中心に発行枚数は伸びるとみている。

ジャパンネット銀行では、ファミリーマートと業務提携契約を2014年9月30日に締結。同提携を受け、2015年9月をめどに、ジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」とファミリーマートの「ファミマTカード」の一体型カードを発行する予定だ。

デビットカードのさらなる認知度向上については、「オーソドックスな商品性を知っていただき、まずは1回使っていただくことで、さらに利用は高めていけると考えています。2015年は、全国で1万1,000店舗のあるファミリーマート様との連携など、足場を固めていきたいです」と意気込みを見せた。

大特集「カード決済&セキュリティのすべて」の紹介ページへ

paymentcardsecurity

 

page toppagetop