兵庫県姫路市でネット利用によるクレジットカード納税を開始(三井住友カード/JCB)

2015年4月10日11:00

兵庫県姫路市は、三井住友カード、ジェーシービー(JCB)を指定代理納付者に指定し、エフレジの提供する公金収納システム(F-REGI公金支払い)を採用して、インターネットを利用した市民税・県民税(普通徴収分)および固定資産税・都市計画税(いずれも平成27年度第1期分から)のクレジットカード納税を2015年5月1日より開始すると発表した。

姫路市における市民税・県民税(普通徴収分)、固定資産税・都市計画税の納付方法は、従来、金融機関等での窓口納付もしくは口座振替納付に限られていたが、このほどインターネット上でクレジットカード(Visa・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners)を利用した納付方法を追加する。

利用者は、パソコン・スマートフォンなどで、姫路市のWebサイトからクレジットカード決済専用画面にアクセスし、納付書を確認しながら必要事項を入力することで、クレジットカード納付手続きが完了する。同サービスの導入により、24時間場所を問わず納付することが可能となる。また、クレジットカード会社が提供するポイントも原則付与される。

なお、三井住友カードはVisa・MasterCardブランド、JCBはJCB、AMERICAN EXPRESS、Dinersブランドのカードによる決済を導入している。

page toppagetop