ふるさと納税を通して地域活性化事業を共同で推進(Yahoo! JAPAN/さとふる)

2015年4月16日12:28

ヤフー(Yahoo! JAPAN)と、ソフトバンクグループで、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふるは、ふるさと納税を通して地域活性化事業を共同で推進することに合意したと発表した。

両社の取り組みとして、まず「さとふる」で取り扱うふるさと納税のお礼品が、「Yahoo!ショッピング」で購入できるようになるという。2015年夏ごろを目指して、「Yahoo!ショッピング」内に特設ページを開設する予定だ。

また、ふるさと納税に関するニュース、自治体、お礼品などの情報を掲載するポータルサイトを「Yahoo!公金支払い」内に開設し、ふるさと納税を検討する利用者が必要とする情報を総合的に提供していく。

さらに、「Yahoo!公金支払い」と、さとふるが自治体向けに提供するサービスが連携。これにより、ふるさと納税の決済手段として「Yahoo!公金支払い」を利用している自治体は、決済事業者を変更することなく、さとふるのサービスを導入することが可能となる。

Yahoo! JAPANは、税金や各種料金、ふるさと納税をインターネット上で支払うことができる「Yahoo!公金支払い」の提供や、自治体が抱えるさまざまな課題をインターネットを活用して解決した事例から未来を展望するイベント「地域活性化フォーラム」を2013年から全国で開催するなど、地域活性化を支援する取り組みを幅広く展開している。

一方、さとふるは、「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定から寄付の申し込み、寄付金の支払いができるサービスを提供している。また、自治体向けには募集や申し込み受付、寄付金の回収、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供している。

なお、Yahoo! JAPANでは、札幌、仙台、東京、大阪、広島、福岡の全国6都市で「地域活性化フォーラム2015」を開催する予定だ。

page toppagetop