米銀のフィンテック育成プログラム(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年5月7日9:00

ウェルズファーゴはフィンテックベンチャーの育成プログラムを運営している。次世代バンキング推進のためである。

プログラム名称はスタートアップ・アクセラレータ(Startup Accelerator)。これに選ばれたベンチャーはアイデアを商用化し、販売する方法を学ぶ。

2015年春の応募者は約300件。そのなかから3社がアクセラレータプログラムに選ばれた。3社とはブランケット・コンピューティング(Brancket Computing)、コンテクスト360(Context360)、そしてモーション・サビー(MotionSavvy)である。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop