英国のラグビークラブが非接触決済リストバンドを導入(ジェムアルト)

2015年5月7日14:54

ジェムアルトは、英国のラグビー・ユニオン・クラブの1つであるサラセンズに、ジェムアルト製のプリペイド式リストバンドを供給すると発表した。ロンドン北部にあるアリアンツ・パーク・スタジアムでは、サポーターが食べ物や飲み物の購入の際に、プリペイドのリストバンドを使って非接触決済を行うことが可能となる。

るジェムアルトのスマート・リストバンド(出典:ジェムアルトのプレスリリース)

るジェムアルトのスマート・リストバンド(出典:ジェムアルトのプレスリリース)

同パイロットプロジェクトは、今年後半に年間チケット保有者に対して展開する予定だ。サポーターは、軽食を購入する際、支払いの長い列に並ばなくて済み、紙幣や硬貨を探す煩わしさがなくなるという。また、新製品であるジェムアルトのスマート・リストバンドは、手首をかざすだけで、ロンドンの公共交通機関を利用することもでき、非接触ロゴが表示された決済端末での使用も可能だ。

4月11日開催のサラセンズのホームマッチに先立ち、5ポンドをチャージした同リストバンドを一部のサポーターに配布。リストバンドを既存のクレジットカードもしくはデビットカードに紐付けするだけで、オンラインでチャージすることができ、今シーズンの残り試合で使用できる。

ジェムアルトは、「Allynis Smart Event Platform」を提供することで、アリアンツ・パークの「キャッシュレスのスタジアム」への新たな取り組みを支援している。同プラットフォームには、リストバンドの生産だけでなく、パッケージング、フルフィルメントのほか、モバイルアプリとの統合や、モバイルマーケティング、ソーシャル・メディア・キャンペーンなどの付加価値サービスも含まれるという。

page toppagetop