「ホットペッパー グルメ」が中国の決済アプリ「Alipay」と連携(リクルート)

2015年5月11日17:43

リクルートライフスタイルは、同社が運営するグルメ・クーポン情報サイト「ホットペッパー グルメ」は日本の飲食店情報サイトで初めて、3億人以上の会員を持つ中国の決済アプリ「Alipay」と連携し、中国からの訪日観光客向けに東京・大阪・京都の飲食店情報を提供開始したと発表した。まずは試験的に3つのエリアにおいて、日本食のなかでも人気のある寿司・ラーメン・天ぷらなどを扱う72店舗の情報を提供するという。

中国からの訪日客数は2011年からの2014年の3年間で約104万人から約240万人と2倍以上に増加している(JNTO調べ)。一方、来日外国人の観光目的の第一位が「日本食を楽しむ」という調査結果があるなかで、「食べたい日本食はあるがお店を探せない」「メニューが読めない」「いくらかかるのかわからない」という課題があったという。

すでに中国を中心に3億人以上の会員を持つ「Alipay」上で日本の人気のエリア・ジャンルの飲食店情報を提供することで、訪日前でも日本の飲食店情報を調べることができるようになる。また、掲載するメニューやクーポンにも日本語・中国語を併記することで、メニューやクーポンを見せるだけで観光客、店員の双方が内容を理解することができ、中国人訪日観光客がスムーズに日本食を利用することができるという。

Alipayは、2004年にアリババグループにより設立された中国最大のオンライン決済プラットフォームとなる。2012年12月にはユーザー数は8億人を超え、2012年11月11日には24時間の取扱件数1億580万件という記録を達成している。モバイルアプリ「Alipay」にはウォレット機能があり、オンライン決済やオフラインでのショッピングの決済に加え、預金の出し入れや電子送金を行うことが可能だ。

利用イメージ。①「Alipayアプリを立ち上げ、「サービス窓」(赤囲み)を選択 、②「Hotpepper」を検索し、フォロー、③希望のエリアを選択、④詳細なエリアや、料理のジャンルごとに検索可能、⑤エリアやジャンル一覧から、特定の店舗を選択すると、詳細情報を閲覧できる、⑥メニュー一覧では、日本語と中国語が併記され、金額も表示、⑥メニュー一覧では、日本語と中国語が併記され、金額も表示、⑦外観や店内の様子、料理の写真一覧を見ることができる、⑧「10%OFF」もしくは「お店指定の一品無料サービス」のクーポンを入手できる

利用イメージ。①「Alipayアプリを立ち上げ、「サービス窓」(赤囲み)を選択 、②「Hotpepper」を検索し、フォロー、③希望のエリアを選択、④詳細なエリアや、料理のジャンルごとに検索可能、⑤エリアやジャンル一覧から、特定の店舗を選択すると、詳細情報を閲覧できる、⑥メニュー一覧では、日本語と中国語が併記され、金額も表示、⑦外観や店内の様子、料理の写真一覧を見ることができる、⑧「10%OFF」もしくは「お店指定の一品無料サービス」のクーポンを入手できる

page toppagetop