「MALera(モレラ)岐阜エポスカード」の発行をスタート(エポスカード)

2015年5月13日21:43

丸井グループのクレジットカード事業会社であるエポスカードは、2015年7月下旬から、プライムプレイスが運営を手がける岐阜県の商業施設「MALera(モレラ)岐阜」との新しいコラボレーションカード「MALera(モレラ)岐阜エポスカード」の発行をスタートすると発表した。年会費は無料で、2種類のカードを発行する。

カードデザインは<Tree><Leaf>の2種類のカードを発行(出典:エポスカードのプレスリリース)

カードデザインは<Tree><Leaf>の2種類のカードを発行(出典:エポスカードのプレスリリース)

「MALera(モレラ)岐阜」は、岐阜県本巣市の南部に位置し、約200店舗が揃い、売場面積は約77,000㎡、駐車台数約5,000台を有するモール型ショッピングセンターとなる。

今回のカード発行にあたり、施設内にカードセンターを設置し、VisaブランドのICチップ付カードの店頭即時発行を行う。「MALera(モレラ)岐阜エポスカード」は「「MALera(モレラ)岐阜」での入会特典に加え、すべての種類のエポスカード共通となる、全国5.000以上の店舗・施設での優待サービスも利用できる。

エポスカードは、1960年に発行を開始した丸井グループのクレジットカード事業会社。2006年にスタートした現行の「エポスカード」は、Visaのスペシャルライセンシー(直接発行権)を取得。会員数は591万人(2015年3月末現在)、2014年度の年間取扱高は1兆円を超えるまで順調に拡大している。

page toppagetop