GMO-PGの海外決済サービスがマレーシアショッピングカートと提携

2015年5月14日20:19

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、マレーシアでショッピングカート事業を行うExabytes Ecommerce Group Sdn Bhd(Exabytes社:エグサバイツ)と提携し、同社が提供するショッピングカート「EasyStore」を通じてGMO-PGの海外決済サービス「GMO-PG Global Payment」を2015年5月14日より提供開始したと発表した。

これにより、マレーシアへ海外進出して「EasyStore」でECサイトを運営する日本の事業者は、「GMO-PG Global Payment」によって日本語での運用サポートを受けながら、マレーシアでよく使われるクレジットカードやオンラインバンキング等の決済手段を現地の購入者へ提示することが可能となる(同サービスのご利用には、マレーシアでの現地法人設立が必要)。

近年、東南アジアのEC市場は拡大の兆しを見せており、2013年から2018年にかけて年平均37.6%の成長が予測されている。GMO-PGは、発展が見込まれる東南アジア・香港・台湾などの国・地域5拠点に現地法人等を設立し、同地域に進出する日本のEC事業者向け海外決済サービス「GMO-PG Global Payment」の展開と、現地の決済代行会社と資本業務提携等を行う決済特化型のファンド「GMO Global Payment Fund」による出資活動の両輪で、シナジーを効かせながらアジア圏への事業拡大の布石を打っている。

その一環として、GMO-PGでは2014年2月にマレーシア現地法人GMO PAYMENT GATEWAY MALAYSIA SDN.BHD.を設立し、事業を開始。マレーシアは、2014年の一人当たりのGDPが1万ドルを超え、シンガポールに次ぐ東南アジア第2位の経済国となっているうえ、約90億ドルあるとされる東南アジア全体のEC市場規模の約2割を占めている。こうした背景から、今後、日本に限らず自社の商品やゲーム・デジタルコンテンツ等の販売を行う各国のEC事業者の間で、マレーシア進出ニーズはますます高まることが予測されるという。

今後、GMO-PGでは、シンガポールやタイにおいても各国のショッピングカートへ「GMO-PG Global Payment」の導入を進め、日本のEC事業者の海外展開支援を拡大していきたいとしている。

企業名 所在地 HP MAIL
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F
[TEL] 03-3464-2323 [FAX] 03-3464-2477
HP
メール
サービス概要
GMO-PGは、ネットショップや SNS・スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など5万4,000店舗(GMOペイメントゲートウェイグループ2015年3月現在)の加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。

page toppagetop