GMO-PG集客支援サービスで「インバウンドマーケティング」開始(GMO-PG)

2015年5月21日18:03

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、事業者のインバウンドビジネス(訪日外国人向けビジネス)を支援する「インバウンドマーケティング」を、2015年5月21日よりGMO-PGの決済サービスを利用する全加盟店向けに提供開始すると発表した。

「インバウンドマーケティング」 コンテンツイメージ(出典:GMO-PGのプレスリリース)

「インバウンドマーケティング」 コンテンツイメージ(出典:GMO-PGのプレスリリース)

「インバウンドマーケティング」は、ECサイトやFacebookページで使用可能な、外国人の関心を引く日本風の素材(写真・映像等)の制作・提供と、海外への広告配信をセットにしたサービスで、GMO-PGが加盟店向けに展開する「GMO-PG集客支援サービス」の1つとして提供する。

すでに、日の丸リムジンに先行して利用されており、インバウンドビジネスにおいて有用であると評価を得ているため、すべての加盟店向けに提供することとなった。同社では、日の丸リムジンにリムジンタクシー「LIMOTAXI」にて利用されており、外国人観光客が成田空港や羽田空港に到着した後、ホテル等の目的地へ行く際にスムーズに「LIMOTAXI」を利用してもらえるよう、海外在住の外国人に日本風コンテンツを用いた広告を配信し、予約サイトへ誘導することで、来日前の事前予約の促進を実現しているそうだ。

「インバウンドマーケティング」は、海外在住の外国人や訪日している外国人へ日本の地域や商品の魅力を伝え、訪日やECサイトでの商品・サービス購入へとつなげることを目的としたマーケティング施策を支援するサービスとなる。「GMO-PG集客支援サービス」の1つとして、外国人の興味を引くECサイトやFacebookページ用のコンテンツ制作・提供と海外向けの広告配信運用代行の2つのサービスをセットで提供する。

これによりGMO-PGは、決済サービスからコンテンツマーケティング・海外向け広告配信まで、加盟店のインバウンドビジネス展開を一貫して支援できるとしている。

EC事業者は、コンビニ決済や代引決済等の他の決済手段を追加するのと同様に、多通貨決済を導入・運用することができる。これにより、海外の購入者に現地通貨でのクレジットカード決済を提供できるため、海外市場へと販売エリアを拡大でき、販売数の増加が期待できるという。

「外国人向けのコンテンツマーケティング支援(日本風コンテンツの制作・提供)」では、寺院などの日本の観光地をはじめ、食・伝統・歴史・芸能・文化・最新トレンドなど、日本の魅力がつまった写真や映像を制作し、ECサイトやFacebookページ用に提供する。また、各加盟店の要望に応じたオリジナルコンテンツの制作や、Instagram・YouTubeなどのSNSやメディア向けのコンテンツ提供も行う。

「海外向け広告配信運用代行」では、日本に関心のある海外在住の外国人や訪日している外国人に向け、リスティング広告やFacebook広告などの配信運用を行う。まずは英語での配信に対応し、今後中国語、タイ語、などの言語へも拡大する予定だ。

「インバウンドマーケティング」フロー(出典:GMO-PGのプレスリリース)

「インバウンドマーケティング」フロー(出典:GMO-PGのプレスリリース)

今後は、旅行会社や宿泊・交通機関などのEC関連事業者をはじめ、インバウンド商機を狙う商業施設や市町村・自治体などに幅広く提供し、年内10社への導入を目標に展開していきたいとしている。

企業名 所在地 HP MAIL
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F
[TEL] 03-3464-2323 [FAX] 03-3464-2477
HP
メール
サービス概要
GMO-PGは、ネットショップや SNS・スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など5万4,000店舗(GMOペイメントゲートウェイグループ2015年3月現在)の加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。

page toppagetop