非接触IC決済の先進国、オーストラリアの現状は?

2015年5月22日7:00

非接触IC決済の先進国、オーストラリアの現状は?
コンタクトレスによる決済が5割を超え、HCEによるNFC決済が普及の兆し

オーストラリアは世界で最も非接触IC(コンタクトレス)決済の比率が高い国であるといわれている。実際、オーストラリアの関連企業に話を伺うと、非接触IC決済の比率は50%もしくは60%という声が聞かれた。また、NFCによるモバイルペイメントにも大手イシュア(銀行)がこぞって取り組んでいる。

半数以上の加盟店で非接触決済が可能
非接触IC決済の告知は「Tap&Go」を訴求

現在、VisaやMasterCardのクレジットカードを発行する銀行(イシュア)は、コンタクトレス搭載のカードを発行している。現地の2大スーパーマーケットといわれるコールス(Coles)とウールスワース(Woolworths)を筆頭に、カフェやファストフード、タクシーなどで非接触ICカードによるスピーディーな決済が利用可能だ。イシュアにより基準は異なるが、A100ドル未満はサインレスで支払いが可能で、100ドル以上はタッチ&PINになるそうだ。

街中の店舗ではコンタクトレス決済が数多くの店舗で可能となっている

街中ではコンタクトレス決済が数多くの店舗で可能となっている

決済については、VisaのVisa payWave、MasterCardのMasterCard PayPass(グローバルではMasterCard Contactless)に加え、American Expressのコンタクトレス決済も利用できる。

また、オーストラリアでは、銀行が発行するキャッシュカードを決済に利用できる「エフトポス(EFTOPS)」が日常的に利用されているが、同カードでもコンタクトレス決済がスタートしている。

オーストラリアでコンタクトレス決済が浸透した理由については、カードへの搭載が進んだことに加え、半数以上の加盟店で実際に利用できることが挙げられる。また、現地の生活者に話を伺ったところ、Visa payWave、MasterCard PayPassといった決済ブランドとしての認知よりも「Tap&Go(タップ・アンド・ゴー)」というイメージが強いということだった。実際、テレビのコマーシャルなどでも「Tap&Go」を訴求しており、簡単にかざすだけで支払いができることをPRしている。

なお、オーストラリアでは、決済端末としてインジェニコがトップシェアとなっている。実際、街中でもインジェニコ製の端末を見かけることが多かった。また、インジェニコやベリフォンの端末は、一台の筐体で接触ICカードの取引も非接触の取引も可能となっている。日本における決済時には、非接触決済で支払う場合、店員に支払い手段を告げてから決済を行うが、オーストラリアでは特に非接触の支払いであることは言わなくても、カードをかざせばそのまま支払いが可能だ。

非接触ICカードの普及率の高さをベースにNFCでもリードか?
接触ICカードによる「Chip&PIN」取引が進む

また、オーストラリアでは、コモンウェルス銀行、ウエストパック銀行、ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)といったトップクラスのイシュアがNFCの非接触決済に取り組んでいる。まだ初期の段階だが、たとえば、コモンウェルス銀行ではNFCのホスト・カード・エミュレーション(HCE)を利用した決済サービスをトークナイゼーションと組み合わせて提供している。非接触決済が普及している環境ということもあり、「NFCにおいても世界をリードすることができる」と期待する関係者は多かった。

コモンウェルス銀行のNFCモバイルペイメントはHCEとトークナイゼーション技術を利用している(Cards&Payment AsiaのG&Dブース)

コモンウェルス銀行のNFCモバイルペイメントはHCEとトークナイゼーション技術を利用している(Cards&Payment AsiaのG&Dブース)

そのほか、オーストラリアでは、接触ICカードによる「Chip&PIN」取引が進んでおり、不正利用の減少で成果をあげている。オーストラリアのAPCA(Australian Payments Clearing Association)によると、現地で増加傾向にあったカード偽造やスキミングによる不正が、2011年度以降は減少するなど、成果をもたらした。

なお、ペイメントナビでは、現地のイベント「Cards&Payment Australia」など、オーストラリアの決済事情について、「アジア・パシフィックエリアの決済ビジネス」特集で紹介する予定だ。

page toppagetop