オンライン認証の標準化団体「FIDO Alliance」にボードメンバーとして加入(ドコモ)

2015年5月26日11:20

NTTドコモは、パスワードレスなオンライン認証のための技術仕様の標準化を提唱する国際的な非営利団体「FIDO Alliance」に、2015年5月26日から、ボードメンバーとして加入すると発表した。

ドコモにおけるFIDO活用の概要(出典:ドコモのプレスリリース)

ドコモにおけるFIDO活用の概要(出典:ドコモのプレスリリース)

「FIDO Alliance」は、Microsoft、Google、Nok Nok Labs、Qualcomm、ARM、Samsungなど、約200社(5月26日現在)が加盟しており、公開鍵暗号と生体認証等の技術を利用した新しい認証方式「FIDO(Fast IDentity Online)」の標準化を推進している。

「FIDO」は、汎用性の高いオープンな技術、かつセキュリティも十分に考慮された仕様であり、これを活用することにより、パスワードを入力することなくオンライン認証を行うことができるようになる。そのため、ドコモは昨年からドコモの端末とサービスを「FIDO」に対応させる開発を進めてきたという。

具体的な成果としては、2015年5月27日から、dゲーム、dミュージック、dブック、dデリバリー、ドコモのペット保険など、ドコモのサービスにおいて、docomo IDやspモードパスワードの入力に加え、指紋や虹彩などの生体情報を利用したログインや決済ができるようになる。
「FIDO」を活用し、指紋と虹彩、異なる生体認証方式をオンライン認証に対応させるのは世界初となるとドコモでは発表している。

page toppagetop