福岡市で「はやかけん」利用によりカーシェアリング優待(福岡市交通局/タイムズ24)

2015年5月26日11:29

福岡市交通局と、タイムズ24は、2015年5月29日から、交通ICカード「はやかけん」利用者を対象に、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の利用料金を優待する「はやかけんレール&カーシェア」サービスを福岡市地下鉄沿線で開始すると発表した。優待料金は1利用ごと206円。

対象ステーションは、タイムズ姪浜駅前ステーション、タイムズ姪浜駅前第3ステーション、タイムズ姪浜駅前第5ステーション、タイムズ姪浜駅前第6ステーション、ウエストコート姪浜ステーション、タイムズ姪の浜一丁目ステーション、タイムズ福岡県庁東ステーションとなっている。

同サービスは、姪浜駅・馬出九大病院前駅の当日の利用履歴が残る交通ICカード「はやかけん」を、駅近くの対象ステーションに配備されたカーシェアリング車両にかざすと、タイムズカープラスの利用料金が優待されるものとなる。

さらに、「はやかけん」によってカーシェアリング車両のドアロック解除が可能となる「個人認証登録機能」も同時に開始する。

タイムズ24と福岡市交通局はこれまでにも、最寄駅の駐車場利用料を優待し、地下鉄利用を促進する「はやかけんパーク&ライド」サービスを積極的に展開してきた。同サービスでは「パーク&ライド」とは逆に、『郊外までは地下鉄、駅から目的地まではカーシェアリング』という新しい移動スタイルを提案し、利用を促すことで市中心部の渋滞緩和にさらに貢献できるとしている。

page toppagetop