ニュージーランドでマルチ決済mPOS(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年6月7日9:00

オーストラリアのミントペイメンツ(Mint Payments)は、ニュージーランド銀行(BNZ)と提携し、マルチ決済mPOSを拡販することになった。

 

カード決済端末ソリューション名はペイクリップ(PayClip)。磁気ストライプカードやチップ&PIN、そしてNFC非接触決済機能にも対応する。ブランドはVisa、MasterCard、独自デビットのEFTPOSだ。

 

2015年1月ニュージーランドのカード取扱件数は1億2,500万件、取扱高は62億ドルだった。

 

スマートフォン普及率は2018年までに90%になると予測している。そうなれば、今まで以上にNFC非接触決済が増える。それを見越してのマルチ決済端末導入だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop