スマホ決済サービスが主要6国際ブランド対応(NTT西日本)

2015年6月9日19:43

NTT西日本は、フレッツ光等を利用する店舗向け決済サービス「フレッツ・スマートペイ(スマートフォンタイプ)」において、2015年6月10日から、クレジットカードの国際ブランド「JCB(ジェーシービー)」「American Express(アメリカン・エキスプレス)」「Diners Club(ダイナースクラブ)」「Discover(ディスカバー)」の取り扱いを開始すると発表した。

今回の拡充により、フレッツ・スマートペイ(スマートフォンタイプ)が、クレジットカードの主要6国際ブランドのすべてに対応可能となり、今後、フレッツ光等および同サービスによるクレジット決済利用店舗の裾野拡大を図るという。

なお、「フレッツ・スマートペイ(スマートフォンタイプ)」とは、2014年1月10日より提供中の、店舗が利用するフレッツ光等と、カードリーダー端末を接続したスマートフォン、タブレット端末との間でWi-Fi通信することで、店舗を利用者のクレジットカードでの支払いが受付可能となるサービスとなっている。

page toppagetop