POSAカード販売や自社プリペイドカードの導入・リチャージを支援(インコム)

2015年6月16日16:31

インコム・ジャパンは、2015年6月16日、プリペイドカードの販売事業と、プリペイドカードの発行をサポートするシステムを日本国内に構築したと発表した。2014年11月から稼働を開始し、すでに7社のスーパー、薬局チェーンにて採用されている。

インコム・ジャパン・ゲートウェイ概要

インコム・ジャパン・ゲートウェイ概要

なお、同システムは、各種プリペイドカードの「リチャージ」にも対応していく予定だ。

さまざまなプリペイドカードを店頭で陳列し、「POSA」と呼ばれる技術で“有効化”して販売するビジネスが、大きな成長を遂げている。同ビジネスは、日本においては2008年より始まり、現在もコンビニエンスストアを中心に成長を続けている。このような背景のもと、新たなニーズとして「自社のプリペイドカード・ギフトカードを発行したい」との要望が高まりつつあったため、同システムを構築したそうだ。

企業名 所在地 HP MAIL
インコム・ジャパン株式会社 〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル41F
[TEL] 03-6279-4881 [FAX] 03-3348-3066
HP
メール
サービス概要
インコム・ジャパンは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術の提供を行っており、北米を中心に約400,000ヶ所の流通・販売網を構築しています。2013年度においては約2.8兆円のプリペイドカード、ギフトカードを流通、販売しています。インコム・ジャパンの最新POSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)は、前払い式製品の販売方法を大幅に改善するとともに、製品を購入する消費者の購入プロセスを大幅に簡素化するなど小売市場における大きな変革をもたらしました。インコムは米国アトランタを本社とし日本、カナダ、イギリス、韓国などを含む30カ国にて展開しています。

page toppagetop