セルフサービスのカード発行機登場(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年6月22日9:00

クレジットやデビットカードは申込んでから自宅に届くまで時間がかかる。その間にカードを申込んだことを忘れ、届いてからもタンスの肥やしになるケースが多い。

 

カードの申込みとカード発行の時差が少なければ、それだけ初期稼働と継続稼働がアップする。

 

米国のエントラストデータカード(Entrust Datacard)は2015年6月9日、次世代カード発行システムを発表した。なんとセルフサービスのカード発行機なのだ。

 

金融機関や小売店頭、政府機関やヘルスケアのロビーに設置すれば、無人でカードを発行できる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop