Appleが選んだmPOSソフト(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年6月26日9:00

それはベンド(Vend)である。ベンドはiOSとiPad対応のモバイルPOSソフトウェアを、世界15,000店舗にクラウドベースで提供している。

 

ベンドのソフトウェアはiOSとiPadに最適化した設計となっており、これを使えばオンラインストア開設、在庫管理、リウォーズ提供、ビジネス成果分析が簡単にできる。多店舗展開にも対応している。

 

ベンドがターゲットとしているのはスモールビジネスと中堅企業。国際展開をめざし、iOS8のセキュリティと高い生産性を活用して革新的なビジネスを構築する計画だ。

 

ベンドは2010年設立のベンチャーで、POSシステムを世界ではじめてクラウドベースで構築した。現在世界140カ国に拡大。3,000万ドルの資金を調達している。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop