バーチャルドクターに60億円(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年7月3日9:00

いますぐドクターに診てもらいたい。そんな患者のニーズに応えるサービスがある。米国のドクターオンディマンド(Doctor On Demand)だ。

 

このベンチャーが2015年6月、5,000万ドルの資金をシリーズBで調達した。これまでの調達と合わせて7,400万ドルになる。

 

米国はヘルスケアにおける2つの大きな問題を抱えている。医療費の高騰と、優秀な医師や心理学者になかなか診てもらえないということ。

 

この問題を解決すべく、バーチャルドクターはオンラインのビデオ診察サービスを開発した。従来は電話による遠隔診療が多かったが、普及しなかった。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop