AR機能つき「すくすくジャパン!」QUOカード発行(クオカード)

2015年6月30日12:59

全国約 5万3,000 店の加盟店で利用できる全国共通のプリペイドカード「QUOカード」を発行しているクオカードは、2015年4月から本格スタートした内閣府の「子ども・子育て支援新制度」の広報啓発活動のサポートを目的に、同制度のシンボルマークをデザインした「すくすくジャパン!」QUOカードの発行・販売を2015 年6月29日から開始した。

「すくすくジャパン 1000」は1,000 円券(希望小売価格 1,040 円)となる。なお、オリジナルカードケース(無料)つきで販売(500 円券・1,000 円券共通)

「すくすくジャパン 1000」は1,000 円券(希望小売価格 1,040 円)となる。なお、オリジナルカードケース(無料)つきで販売(500 円券・1,000 円券共通)

500円券(希望小売価格 530 円)と1,000円券(希望小売価格 1,040 円)をそれぞれ販売する。初回販売枚数は各3万枚で、販売場所は「おみせdeツーハン(サークルK・サンクス 通販サービス)」および「クオカード(FAX・WEB・日本橋本社ギフトカウンター)」となる(販売場所は順次拡大予定)。

同カードではARの技術を採用し、専用アプリ「QUO-AR」をダウンロードしたスマートフォンをカードにかざすと、同制度の啓発活動のために作られたキャンペーンソングを閲覧できる。

「QUOカード」は、個人間のギフトシーンでの利用や企業キャンペーンでの販促品などで採用され、年間約3,800万枚が発行されているが、同カードも企業によるキャンペーンなどで配布されることを想定している。

page toppagetop