インドでキャッシュレス構想(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年7月6日9:00

インド政府は現金取引を抑え、キャッシュレスの推進を計画している。キャッシュレスの目的は、アングラマネーをなくし税収を上げること。

 

カードなどのキャッシュレス手段であれば、マーチャントも消費者も税金控除が受けられるようにする。

 

インド金融相の構想によると、キャッシュレス決済の場合、付加価値税から1-2%を控除する。たとえ減税しても、税収全体でみれば大きく伸びる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop