MRTと提携し8,000の医療機関への決済サービス導入を目指す(ゼウス)

2015年7月8日16:42

決済サービスプロバイダのゼウスは、医療情報のプラットフォームを提供するMRTとこのほど業務提携を開始したと発表した。

MRTは、2000年1月に東京大学医学部附属病院の医師の互助組織としてスタートし、2014年12月に東証マザーズに上場した。外勤紹介サービス「Gaikin」、転職紹介サービス「career」、医局向けサービス「ネット医局」、医療情報メディア「Good Doctors」など医師、看護師をはじめとした医療従事者向けの情報サービスを提供している。今回の業務提携により、MRTへ会員登録をしている開業医および医療機関に対して、ゼウスの提供する「クレジットカード決済サービス」を導入することにより、決済の運用負担を軽減し、会員の顧客満足度の向上、MRTの医療機関向けコンサルティングサービスの拡充を目的としている。これにより8,000の医療機関へのアプローチを目指す。

業務提携の背景として、患者が医療機関にかかった際の治療費等において、突然の入院や出産などでまとまった金額が必要であるケースがみられ、昨今では、大規模病院や自費診療を行っている医院を中心に、医療費等をクレジットカード払いすることができる医療機関が増加している。メリットとして、患者は、医療費等をクレジットカード払いにすることで、多額の現金を持ち歩かなくても良くなり、医療機関は、治療費不払い解消の一助となる。しかしながら、まだまだクレジットカード決済を未導入である医療機関が多いことから、MRTでは、医師、患者、医療機関の利便性に寄与できるようゼウスの提供する決済サービスの普及を進め、より良い医療環境の構築を行っていきたいとしている。

企業名 所在地 HP MAIL
株式会社ゼウス 150-0002
東京都渋谷区渋谷2-1-1
青山ファーストビル9F
[TEL] 03-3498-9030 [FAX] 03-3498-9029
HP
メール
サービス概要
オンラインクレジットカード決済に関しては1999年より開始し、現在ではコンビニ支払、電子マネー、銀行振込、Web口座振替等の多彩な決済手段を提供しております。
また、2010年からは実店舗向けに汎用型POS端末を提供。決済処理は対面取引電文で行っております。2011年9月には業界では先駆となる日本クレジット協会のガイドラインに基づいたスマートフォン決済の実運用を開始しております。

page toppagetop