神戸労災病院にITテレビモニターを納入、利用料をICカードで決済(シャープ)

2015年7月9日11:44

シャープは、タッチパネル対応16型液晶テレビにネットサービスなどのIT機能を一体化した「ITテレビモニター」368台を、兵庫県神戸市の独立行政法人 労働者健康福祉機構 神戸労災病院に納入したと発表した。

神戸労災病院に納入した ITテレビモニター(出典:シャープのプレスリリース)

神戸労災病院に納入した ITテレビモニター(出典:シャープのプレスリリース)

同機は、ネットサービスや業務用システムと連携し納入先ごとにカスタマイズが可能なソリューション型テレビで、病室のベッドサイドに設置されている。患者は、見やすい位置にモニターを移動しテレビやインターネット、ビデオレンタル(VODサービス)をタッチパネルで操作できる。また、院内で利用可能な病院専用のICカードを使った決済システムにも対応しているので、テレビなどの利用料金をまとめて精算することが可能だ。さらに、今後は病院の浴室予約や売店オーダーなどの機能を追加することもできるという。

page toppagetop