自販機M決済1,200万ドル調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年7月12日9:00

自動販売機のキャッシュレス決済を推進するペイレインジ(PayRange)は、1,200万ドルをシリーズAファンディングで調達した。

 

米国小売では3分の2がカード決済である。しかし自動販売機ではまだ現金支払いが主流。98%が現金だ。

 

全米には800万台の自動販売機があるが、カードを受付けられるのはわずか5%。この自動販売機のキャッシュレスを推進しているのがペイレインジだ。

 

ペリレインジは、自動販売機に設置するだけでカード決済を受付けられるプラグ(BlueKey)を開発した。ブルーキーは直近15年間に製造された自動販売機であればすべて対応している。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop