メガバンクは縮小すべし(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月2日9:00

米国連邦準備制度(Federal Reserve)は米国の大手金融機関にメッセージを送った。内容は、大きいことはコストがかかる。大きいことはいいことではなく、コスト高になると警告したのである。

 

ギリシャの財政危機などを考えると、万一に備えリスク回避策をとっておかなければ1国の経済を破綻させかねない。Fedは米国の8大銀行に対し、資本を増強するか、規模を縮小するよう要請した。

 

規模の大きさを競っているメガバンクにとって、規模の縮小は選択肢にはない。しかし、Fedは本気で縮小を考えている。リスクマネジメントの要諦は、リスク分散だ。

 

銀行の統合で金融監督はやりやすくなったが、逆にリスクは高くなった。世界の銀行はもう一度アンバンドリングに向かうのだろうか。

 

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop