ハウスクレカの時代(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年7月27日9:00

米国で電子機器のオンラインショップを運営するニューエッグ(Newegg.com)は国際ブランドがつかないハウスクレジットカードを発行することになった。  

提携したのはシンクロニー(Synchrony Financial)だ。シンクロニーはニューヨーク証券取引所に上場する前は、GEの金融部門としてハウスカード発行で多くの実績を積み上げていた。  

ニューエッグは2,800万人の登録会員を有する大手オンラインショップ。その会員を対象に利便性の高いハウスクレジットカードを発行する。   ニューエッグの法人向けサイト、ニューエッグビジネス(NeweggBusiness.com)では、スモールビジネスや政府機関、ヘルスケア、教育機関向けのカードサービスも提供する。ハウスクレカは今後増えそうだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop