JTBのスマホを活用した電子チケットサービス「PassMe!」の狙いとは?

2015年8月3日9:08

電子チケットサービス「PassMe!」の展開でPayPalと提携
情報収集、チケット購入、施設でのチケット提示と入場までをスムーズに

ジェイティービーとPayPal Pte. Ltd.(ペイパル)は、7月23日から、日帰りレジャーや週末のおでかけ時の情報収集、チケット購入、施設でのチケット提示と入場(認証)までを、すべてスマートフォン上で完結させることができる電子チケットサービス「PassMe!」の提供を開始した(池谷貴、Toshie Asakura)。

レジャー市場初の電子スタンプ活用の電子チケットサービス
2019年度までに取扱額80億円を目指す

「PassMe!」では、遊園地・テーマパークなどのレジャー施設や、水族館・美術館・動物園などの文化施設、 飲食店など約500種類のチケットを用意(2015年7月23日時点)。

電子チケットサービス「PassMe!」のイメージ

電子チケットサービス「PassMe!」のイメージ

「PassMe!」は、利用者の週末や休日のお出かけを新鮮な情報やお得な前売りチケットで応援するサービスで、JTBにとっては旅行以外のレジャー市場に向けた新たな挑戦、新規事業となる。同サービスは、PayPalとの提携により実現した。

これまでJTBは、旅行前の交通の切符や宿泊の手配を中心に顧客接点を築いてきた。また、旅行中の体験や観光での利用者との接点の拡大をスマホアプリや他社との提携によって実現している。一方、日常に近い週末や休日のお出かけを中心とするレジャー市場については取り組みが遅れていたそうだ。2013年の市場規模3,130億円に対し、89億円の販売額(シェア2.8%)となり、特にオンライン販売への移行が課題となっていた。この要因としては、紙チケットを中心としたオペレーションでは、オンライン販売への移行に限界があり、新たな仕組みの導入はサプライヤーにとって複雑でコスト負担が必要となる。JTBはこれらの課題をコト社およびエム・フィールド社(MF)が開発した電子スタンプシステムをスマートフォンに特化したレジャーチケットオンライン販売システムに活用することにより解決したという。

レジャー市場では初となる電子スタンプを活用した電子チケットサービスの全国展開により、2019年度までにサプライヤー数5,000件、商品数1万5,000件、取扱額80億円を目指すそうだ。

会員登録から決済までを一度のログインで可能
訪日観光に対してもJTBとPayPalで取り組む

この計画を実現するために強力なパートナーとして提携したのがPayPalであるという。ジェイティービー グループ本社執行役員 事業創造部長 鈴木雅己氏は、「スマートフォンに特化したオンラインサービスを利用者が、より簡単に、より安全にご利用いただくためには、より簡単でより安全なログインと決済を提供しているパートナーとの連携が必須となります。そのサービスを15年以上、世界2,300の国と地域で提供し、すでに1億6,900万人のお客様が利用されている、まさにグローバルスタンダードであるPayPal様とのパートナーシップの実現が、本計画の達成に不可欠と考え、提携をお願いしました」と説明する。

左からジェイティービー グループ本社執行役員 事業創造部長 鈴木雅己氏、PayPal東京支店カントリー・マネージャー、エレナ・ワイズ氏

左からジェイティービー グループ本社執行役員 事業創造部長 鈴木雅己氏、PayPal東京支店カントリー・マネージャー、エレナ・ワイズ氏

今回、PayPalを利用して、会員登録から決済までを一度のログインで済ませることのできる仕組みは、旅行業界においては国内初の事例となるそうだ。鈴木氏は、「これらの取り組みによって、レジャーを通した地域活性に貢献するとともに、訪日観光に対しても両社で取り組んでいきたいと考えております」と意気込みをみせる。

鈴木氏は、記者会見の前、「PassMe!」により、電車内でビアガーデンチケットを予約してPayPalで決済を済ましたそうだ。「カードを出さずに決済ができたので簡単で便利でした」(鈴木氏)

続けて、PayPal東京支店カントリー・マネージャー、エレナ・ワイズ氏が登壇。ワイズ氏は、「PayPalはIDとパスワードだけで会員登録や購入が可能なデジタルワレットを提供していますが、最大の特徴は、安心と安全です。皆さんのクレジットカード決済をより安全に、より便利にできます。たとえば、不正利用を防ぐこと、クレジットカード情報をお店と共有せずに決済ができるため、情報漏洩があっても守られます。万一不正使用にあっても、PayPalが被害額を保護します。JTBのような日本を代表する企業と提携を結べたことは光栄です。『PassMe!』をきっかけとして、訪日観光などのさまざまなサービスやビジネスにおいて今後もご一緒したいと考えています」と、日本語で語った。

PayPalの強み

PayPalの強み

 

参加加盟店は導入や運用コストが不要で参加可能
購入チケットを友達や家族にプレゼントできる

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

この記事の著者

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト運営などのサービスを手掛ける株式会社TIプランニングを設立。現在は、ポータルサイトとして「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD (ペイメントワールド)」を運営しています。
書籍の発行、執筆や講演など幅広く行っています。 ツイッター/フェイスブック

page toppagetop