全国45店舗のイトーヨーカドー、Ario、そごう、西武に3,380台のEV・PHV用充電インフラを導入(セブン&アイ/NEC)

2015年8月6日21:27

セブン&アイ・ホールディングスと日本電気(NEC)は、全国45店舗の「イトーヨーカドー」「Ario」「そごう」「西武」に合計で3,380台の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)用充電器を設置し、有料充電サービスを提供すると発表した。あわせて、複数の充電器の利用者認証や課金管理、監視・制御などを一元的に行う壁掛け型充電コントローラ(NEC製)を設置する。

同取り組みは、国内最大規模のEV・PHV用充電器導入事例となるそうだ。また、同サービスは2015年11月以降、充電器を設置完了した店舗から順次提供開始を予定している。

今回の取り組みにより、施設の利便性向上・誘客強化を目指すと共に、立ち寄った先でこまめに充電するEV・PHVの利用スタイルの確立や、環境配慮型の次世代自動車の普及促進による低炭素社会の実現を目指す。

NECはセブン&アイ・ホールディングスから同充電インフラを借用し、EV・PHV利用者に有料充電サービスを提供する。同充電サービスは、国内自動車メーカー4社が設立した合同会社日本充電サービスが発行する充電カードやセブン&アイ・ホールディングスの電子マネー「nanaco」を用いた決済に対応する予定だ。

なお、同充電インフラの導入にあたっては、政府による「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用している。また、同充電サービスは、リース事業を展開するNECキャピタルソリューションや、EV・PHV向け充電サービスを提供するジャパンチャージネットワークと連携して実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop