米国人は収入の20%がヘルスケア(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月14日9:00

米国商務省の発表(2015年3月)によると、米国人は収入の20.6%をヘルスケアに使っていることがわかった。1990年には15%だった。

 

同じ期間の教育費や住宅費、食品などの比率は、比較的フラットに推移している。

 

2013年と2014年を比較すると、病院や診療所の支払いは大きな変化はないが、処方薬の支払いが急増している。

 

現在家計の20%を占めるヘルスケア。この調子でヘルスケアが増え続けると、家計が破綻するかもしれない。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop