「Yahoo!ウォレットFastPayで共通ポイント「Tポイント」対応開始(ヤフー)

2015年8月10日14:39

ヤフーは、ECサイト運営者がサイト内に数行のコードを埋め込むだけで決済が可能な開発者向けの決済サービス「Yahoo!ウォレットFastPay」の提供を行っているが、2015年7月31日より、共通ポイント「Tポイント」対応を開始したと発表した。

支払い情報入力画面に赤枠部分に獲得ポイント、利用ポイントが表示される(出典」ヤフーの「Yahoo!ウォレットFastPay」の説明ページ)

支払い情報入力画面に赤枠部分に獲得ポイント、利用ポイントが表示される(出典」ヤフーの「Yahoo!ウォレットFastPay」の説明ページ)

ECサイト運営者は、加盟店審査完了後、ダッシュボードで本番環境に切り替えると、左側メニューにTポイント欄が表示される。ダッシュボード左側メニューよりTポイント申込ページにアクセスし、請求精算用のクレジットカード情報を入力して「申し込む」ボタンを押すと、その直後からポイントの利用がスタートしてテスト決済にも反映される。

ECサイト運営者は、ポイント利用の申し込みが完了すると、ポイントの付与倍率を設定することが可能だ。通常、ポイントの付与倍率は1倍だが、期間を指定して倍率を変えることができる。ただし、継続決済の付与倍率は1倍固定となり、設定を行っても、対象にはならないという。

page toppagetop