オーストラリアにおける決済端末市場をリードするIngenicoの取り組みは?

2015年8月17日9:35

新OS「Telium Tetra」の提供、mPOSの展開にも力を入れる

オーストラリアにおいて、決済端末ベンダーのIngenico(インジェニコ)は、75%のシェアを占めるという。新OS「Telium Tetra(テリウム・テトラ)」、mPOSの状況など、オーストラリアにおける同社の端末の導入状況について、話を聞いた。

Ingenicoはオーストラリアで75%のシェアを誇る
端末は接触、非接触のEMV対応が基本

Ingenico(インジェニコ)は、決済端末の導入において全世界でトップのマーケットシェアを誇るが、オーストラリアでは75%のシェアをを誇る。オーストラリアの決済取引は、ほぼ100%がEMV(接触および非接触)となっている。また、Ingenicoの端末は、非接触のコンタクトレスEMV対応が基本となっている。

新OS「Telium Tetra(テリウム・テトラ)」

新OS「Telium Tetra(テリウム・テトラ)」

IngenicoはEMVのエキスパートであり、まずそこで優位性があるそうだ。導入する企業は、他社の端末を試すケースもあるというが、品質などの面から、同社に切り替えることも多いという。Ingenico International(Pacific)Pty Ltd Product Manager,Pre Sales Duncan Hensly氏は、「安全な決済を幅広い分野でできるため、他社は追随できないと思います」と説明する。

Ingenico International(Pacific)Pty Ltd Product Manager,Pre Sales Duncan Hensly氏

Ingenico International(Pacific)Pty Ltd Product Manager,Pre Sales Duncan Hensly氏

 

OS「Telium Tetra」で決済端末は情報端末になる?
銀行や加盟店は、端末に容易にアプリを管理、更新

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

この記事の著者

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト運営などのサービスを手掛ける株式会社TIプランニングを設立。現在は、ポータルサイトとして「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD (ペイメントワールド)」を運営しています。
書籍の発行、執筆や講演など幅広く行っています。 ツイッター/フェイスブック

page toppagetop