ギリシャ危機でキャッシュレス加速(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月19日9:00

世界がキャッシュレスへ向かうなか、ギリシャではいまだ現金が幅をきかせている。経済の4分の1は不透明なトランザクションだ。2012年先進26カ国の国民1人あたりの年間非現金取扱件数でギリシャは25位である。

そのギリシャが今回の財政危機で思わぬ方向に向かっている。政府が3週間融資をストップ、ユーロ紙幣を管理下においてから、約100万枚のデビットカードが発行された。

 

アルファバンクは7月だけで22万枚を発行。2014年1年間の発行枚数を超えた。おもに年金受給者がデビットカードの利便性に気づいたようだ。スーパーやガソリンスタンドのデビットカード取扱高は2倍。田舎での利用は3倍になった。

財政危機がキャッシュレスを加速する、という意外な展開がギリシャで起きている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop