世界のカード不正被害2兆円(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月21日9:00

2014年、世界のカード不正被害は163.1億ドルになった。日本円で約2兆円だ。クレジット、デビット、プリペイドの合計である。

 

調査会社のニルソンレポートによると、2014年のカード不正被害額は前年対比19%も伸びている。

 

2014年のカード取扱高は28.844兆ドル。不正被害額はこの0.057%に過ぎないが、額にすると大きい。

 

カード不正被害が最も多いのは米国で、48.2%を占めている。100ドルにカード利用に対し、12.75セントが被害額だ。

米国では2015年10月からEMV対応が義務づけられる。浸透にはまだ時間がかかるが、偽造カードは確実に減少するだろう。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop