振込手数料削減サービス「Flico」を開始(オリックス)

2015年8月18日17:28

オリックスは、このほど全国の法人および個人事業主向けに、振込手数料の削減につながる決済サービス「Flico(フリコ)」を開始すると発表した。

同サービスは、利用者の仕入れや経費支払いなど日常業務で発生する振込業務をオリックスがまとめて受託し、送金先への振込代行を行う決済サービスとなる。送金金額に関わらず、1件あたりの振込において一律280円(税込)の手数料にて提供。ASPサービスのため、インターネット接続が可能なパソコン端末などから利用することができ、特別なソフトウェアのインストールは不要だ。振込データをシステムに登録し、必要金額を指定口座へ入金すると、利用者が指定する振込依頼人名で送金される。また、初期手数料や月額基本料金などの固定費も発生しないそうだ。

オリックスは、これまで法人向け決済サービスとして、商取引における手形発行に替えて電子契約とする企業間決済サービス「e-Cash discount」や売掛債権や診療・介護報酬債権のファクタリングサービスを提供している。また、2015年1月からは、B to C事業者向けの決済サービスとしてハウスプリペイドカード発行システム「LOOP+カード」を活用した販売促進支援サービスをスタートしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop