食品スーパーのぎゅーとらが「ぎゅーとらコロカカード」を発行(バリューデザイン)

2015年8月20日14:04

バリューデザインは、2015年8月20日、27店舗の総合食品スーパーを展開する三重県伊勢市のぎゅーとらに、クラウド型電子マネー発行システム「バリューカードASPサービス」を提供すると発表した。

「ぎゅーとらコロカカード」。ぎゅーとらでは、決済手段の多様性と利便性の向上を目的にポイント機能つきリチャージ式電子マネーを導入。また、電子マネーの利用データを含め、ID-POSを活用し、 これでまで以上に効果的且つ効率的な販売促進を実現することで、さらなる付加価値を提供していく方針であるという(出典:バリューデザイン)

「ぎゅーとらコロカカード」。ぎゅーとらでは、決済手段の多様性と利便性の向上を目的にポイント機能つきリチャージ式電子マネーを導入。また、電子マネーの利用データを含め、ID-POSを活用し、これでまで以上に効果的且つ効率的な販売促進を実現することで、さらなる付加価値を提供していく方針であるという(出典:バリューデザイン)

今回のサービス提供にあたり、ポイント付与システムを含むPOS開発を東芝テックと、ID-POS分析およびプロモーション企画の立案を三菱食品と協業したそうだ。

「ぎゅーとらコロカカード」は、ポイント機能つきリチャージ式電子マネーで、ぎゅーとら全店で利用可能だ。利用特典として、200円(税抜)につき1ポイントを付与し、ショッピングポイントデーは3~5倍のポイント付与率となる。また、ポイント還元として500ポイントで500円の現金をキャッシュバックするそうだ。

カードへの入金限度額は5万円で、1,000円単位で入金が可能だ。チャージ方法は、各店に設置された入金機またはレジで行える。有効期限は、最終の入金、または最終の利用から5年となる。

なお、バリューデザインの「バリューカードASPサービス」は、クラウド型電子マネー(プリペイドカード)発行システムとなり、431社(店舗数は 3万4,000店舗 ※海外含む)で採用されている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop