カプコンと提携し、「ドラゴンズドグマ オンライン VISAカード」を発行(三井住友カード)

2015年8月21日8:19

カプコンと三井住友カードは提携し、人気ゲーム「Dragon’s Dogma(ドラゴンズドグマ)」のオンラインゲーム「Dragon’s Dogma Online(ドラゴンズドグマ オンライン)」とコラボレーションしたクレジットカードとして「ドラゴンズドグマ オンライン VISAカード」を発行し、2015年8月20日より会員募集を開始すると発表した。

カード券面は、黒を基調とし、背景には「Dragon's Dogma Online」の世界観を表した、重厚感のある券面デザインになっている(出典:三井住友カード)

カード券面は、黒を基調とし、背景には「Dragon’s Dogma Online」の世界観を表した、重厚感のある券面デザインになっている(出典:三井住友カード)

「Dragon’s Dogma」シリーズは、2012年の発売開始以降、主に20代後半~30代男性から人気を集め、シリーズ販売累計230万本を超えるアクションRPG作品となる。2015年8月31日に、シリーズ最新作のオンラインゲーム「Dragon’s Dogma Online」のサービス開始に合わせ、最新作をよりお得に利用してもらえる特典が付いたクレジットカードを発行する。

今回発行を開始する「ドラゴンズドグマ オンラインVISAカード」は、入会特典として、ゲーム内で利用できる「ファイター武器」や、「復活力の回復」が何回でも使用可能となり効率的にゲームを進められる「冒険パスポート」など、ゲームをプレイする上で有利なアイテムが手に入るイベントコードを、入会者全員送付する。

なお、国際ブランドはVisaとなり、年会費は初年度無料、前年度1回以上のカード利用で翌年度以降も無料となる(通常は税別1,250円)。支払い方法は、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」が基本となり、入会後に「マイ・ペイすリボ」以外の支払い方法に変更した場合、翌年度から通常の年会費1,250円(税別)が必要となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop