インドネシアの大手国営商業銀行BRIと加盟店業務・カード発行で提携(JCB)

2015年8月21日17:40

国際カードブランド運営主体であるジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、インドネシアにて業務を行う子会社、PT. JCB International Indonesiaを主体者として、2015年8月21日に、インドネシアの大手国営商業銀行のバンク・ラクヤット(PT. Bank Rakyat Indonesia(Persero)Tbk:BRI)と、BRIの加盟店におけるJCBカードの取り扱いおよびJCBカードの発行について合意したと発表した。2015年10月を目途に、BRIは同行の加盟店にて順次JCBカードの取り扱いを開始し、2016年度以降、JCBカードの発行を開始する予定だ。

BRIは、1895年創業のインドネシア大手の国営商業銀行で、マイクロファイナンスや中小・零細企業向けのファイナンスを強みとしており、同国内に1万を超える国内最大の支店網を有するほか、2万台以上に及ぶATMネットワークや、カード端末数15万台を超える加盟店ネットワークの運営を行っている。また、同国内で80万枚以上のクレジットカードを発行している。

JCBは、インドネシアにおいて1983年より加盟店網の拡大に取り組んできた。BRIとの提携により、同国におけるJCBカードの加盟店網は、都市部に加え地方都市についても飛躍的に向上すると期待する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop